2014年春の研究集会 感想など

●低学年分科会→こちら

●3年分科会→こちら

●4年分科会
※午前
○様々な実験道具の紹介を交えて、各単元の流れを教えて頂けて大変良かった。
○アプラナの実の観察がとても楽しかったです。(午前は3年に参加)
○授業でもしてみたいと思いました。
○佐久間先生の講座は、もう何度も聞かせていただいているのですが、毎回「なるほど」と新鮮な学びがあります。ありがとうございました。
○昨年も参加しましたが、今回はまた違うお話しも多く、とても参考になりました。特に、月と星や人の体のつくりはいつも迷う所なので、やり方が分かってよかったです。また、上皿天秤は軽すぎるものは量れないことも初めて知り、ストロー天秤をお土産にいただけたので、さっそく作っていきたいと思います。
○とてもわかりやすく、実践と講義がうまくマッチしていてわかりやすかったです。
○すぐに使えそうなものなど、紹介していただいて助かりました。
○具体物や子どものノートがある中での説明だったので、イメージを持ちながら、一日参加することができました。お土産もたくさん頂きうれしかったです。
○1年間の学習のポイント、気をつけたいところ、授業の進め方など、たくさんヒントをいただきました。
○佐久間さんのお話の中の、ちょっとした科学的な根拠の一言が、とてもためになりました。これらが本からでは、学べないことなので。
○年間計画のお話、大変参考になりました。単元に軽重をつけねばならないこと、各単元で特に大事なことについてお話いただいたことで、見通しを持って臨めそうです。生きものについての様々な話、とても参考になり、明日から色々なことにチャレンジしたくなりました。
○4先生1年間の流れや、重点がよくわかりました。
○とてもわかりやすくて、これからの授業に役立ちました。
○1年間の流れについて見通しが持てたことが良かったです。
○少し回路の話が難しかったですが、もう一度やるときに見返したいなと思いました。

※午後
○実験を実際に見て学べて、楽しくわかりやすかった。
○多くの実験が見られてとても楽しかった。
○改めて理科の楽しさを感じ、もっと勉強したいと思いました。
○物の温度と体積、冷やすことから学習すれば、あたたまって上へ行くという
 認識が少なくなるんですね。実践してみます。
○実験についてノートや子どもたちの意見を参照しながら進めていただいたので、
 実際のイメージがわきました。実際に実験を見せてもらえ、子どもの気持ちに
 なって楽しめました。準備などいろいろありがとうございました。
○テストで点数がわるくなってしまう……という話ですが、やはり授業後にいろいろ
 応用させるべきだと思いました。やはり、生活に活かされてこそだと思います。
 自校の理科の研究では、そこに力を入れました。
○いろいろな視点で授業を組み立てて、理科好きな子どもを育てていきたいと
 思いました。
○単元ごとの授業実践を2つ聞くことができ、参考になりました。
○空気の学習も、ものの温度と体積の学習も、1時間ごとのねらいがはっきりしていて、何を学ばせるかが明確。何を学ばせるのかがはっきりしているので、実験自体もシンプルではっきりしていてわかりやすい。
○レポーターの説明が、とてもわかりやすかったです。
○具体的な実験もあり、わかりやすかったです。1時間の授業の進め方についても、もう少しくわしく知りたかった。
○教科書に頼らない工夫について学べました。
○たくさんの実験道具が知れて良かったです。

※研究集会に参加しようと思われたのはなぜ?
○理科に自信がなかったから
○理科について勉強したと思ったから。
○今年度の理科学習のため
○理科の実験ができるようで楽しそうだったから
○小4の授業ヒントを聞きたかった。
○前回、とても勉強になったから。
○授業をよくしたい。
○初めて理科の授業をするので。 

●5年分科会
1、内容について
(午前)
○子ども達に分かりやすい理科授業をどのように考えていけばいいのかよく分かりました。今後も勉強していきたいです。
○教科書によって構成が全く違うことを知った。子供達の理解をより深められるように、全体の構成を考えていきたいと思う。子供達の「なぜ?どうして?」という疑問は、高校生レベルでないと解決できないのは、残念だが…。教科書に載っていないような本質的なものも体験的に学ばせていきたいなと思う。ありがとうございました。
○年間でどのような学習をしていくのか単元ごとのつながりを少し知ることができてよかった。単元の学習でも様々なやり方を知り、自分だったらどうしようかなと考えながら、取り入れられるところを取り入れていこうと思った。
○小幡先生の年間プランで見通しが立ち、中山先生の天気の変化で苦手な天気の学習にめどが立ちました。
○天気の学習はとても難しい単元なので、学習できてよかったです。雲のできる原理をきちんと教え、実験もやってみようと思いました。
○雲の動きなど天気の指導はやはり難しいと感じました。5年生の年間プランは自分自身よく考えずやっていました。よく考えて計画したいと思います。
○昨年度も参加して、授業に活かせたので、今年も春秋2回参加しようと考えています。こちらで教えていただいて、子どもも感心を示していました。ただ、正直単元をいじるのはこわさもあるので、単元の中でいくつかの実践を入れ込んでいくようにしたい。
○去年とは少し違った内容で改めて考え直しました。見通しを立てて計画することは大切だと思いました。
○年間プランの中に、子ども達を理科好きにする独自な単元をどのように入れていくか、苦労もありながら、でも子ども達のために頑張っている皆に頭が下がります。
○年間指導計画、天気の変化について講義していただきました。年間指導計画では、単元に何を教えたいかが明確に示されていて、どの様に指導計画を立てればよいか参考になりました。天気の変化では、ワークシートを用い、分かりやすく、天気の変化の授業の進め方をイメージすることができました。
○年間の授業計画の中でいくつか実践したいと思いました。
○子どもが理解しやすいように、また単元のつながりが見えるように年間を通した単元計画の工夫がとても参考になった。少しずつ力を入れる単元を決めたり、ここだけは児童に伝えたいという所を持つことが大切であると感じた。
 天気の変化では、社会との関連もあり難しいが、ワークシートを積極的に利用ししたい と思う。
○初めての5年生で理科の授業に不安をもっていましたが、年間指導計画を聞く中で見通しを持つことができました。子供達に教えたいことがたくさん増え、理科の授業が楽しみになりました。
○年間計画や天気の変化についての内容でしたが、特に天気と雲の関係について、どこまで、どの様に教えるかが勉強になりました。偏西風や季節風、地形など、さまざまな要因があるなかでどう教えるか、考えさせられました。

(午後)
○お二人の電磁石の実践。とてもすばらしかったです。若いのに、よく研究されていて、すごいと思った。
○身近なところで作ることができるおもちゃを紹介していただき、とてもうれしかったです。今までうまくいかなかった所を今年は成功するのではと思えました。材料までいただき、ありがとうございました。
○電磁石、植物の実践ありがとうございました。これからの学習なので深められる授業を考えていきたいと思います。
○様々な実践例、実験を知ることができて、今年度の授業に活かしていきたいと思います。○発表させていただきましたが、大変伝えたい部分を話せない場面がありました。しかし、あたたかくご意見、ご助言していただき参考になりました。
○植物の繁殖、電磁石の実践共に科教協でなくてはできないプラン、授業で感激しました。若い人が真剣に学ぶ姿が見られ、これからの科教協の役割は大切なものと感じました。
○植物の繁殖、電磁石について講義していただきました。植物の繁殖は、次の単元で扱うので大変参考になりました。多くの植物の発芽の様子を取り上げられたらと思います。電磁石も分かりやすい報告で実際に行ってみたいと感じました。
○「植物の繁殖」も「電磁石」もこの流れでやってみて、授業を深めたいと思いました。ありがとうございました。勉強になりました。
○植物の繁殖、電磁石、どちらの実践も子どもが楽しくできそうなもので、やってみたいと感じた。単元を通して、教科書をそのまま教えるのではなく、教科書でどのように教えるのかが大切である。具体的な方法が提示され、また、子どもへのねらいも単純の方がいいというのも、当たり前のことであるが、改めて感じることができた。
○植物の繁殖について条件設定にこだわって授業プランを考えていましたが、毎時間の課題を持ち、それが明確になることで予想がたてやすいことがわかり、面白かったです。
○植物の繁殖と電磁石についての内容ですが、特に電磁石についての教え方が勉強になり ました。失敗例なども、なぜ失敗したのかがわかりやすく、予備実験で気をつけるポイントがわかりました。

2、参加理由
○理科の授業について詳しくなりたかったから 
○理科を広く深く学びたいから・理科の専科担当になり、より理科の楽しさを子ども達に伝えたいと考え参加した。 
○教育研究の姿に振れたかった。 
○声をかけていただきました。(2) 
○昨年度も参加して、参考になったから(2) 
○会員なので・初めての学年だったので、年間の見通しを持ちたいと思ったので(3) 
○理科は教え方が難しいと感じていたから

3、気づいたこと、要望など
○とても良い内容で、次も参加しようと思います。
○楽しく参加できました。ありがとうございました。
○話し合いの時間が短いかなと思いました。
○連絡をいただき、うれしかったです。もしできれば、もう少し早く日にちがわかるともっとうれしいです。
○勉強になりました。分科会でいろんな先生方の実践もうかがえてよかったです。 

●6年分科会
1内容について
(午前)
・ 年間計画や実施方法などが分かり,計画的に実践していけだと感じた。参考にさせていただきたいと思った。
・ 授業の一時間の流れも分かった。
・ 若い方のレポートが出ていてすごくよかった。やってみてわからないところや苦労したところの報告があり,初めての方にも励みになると思った。
・ 年間を通して各単元をどのようにかかわらせることができるのかという視点を教えていただき,とても参考になりました。
・ 流れ,ノートの書き方等,とても勉強になりました。
・ 年間指導計画では,つながりを意識した指導の方法でとても参考になりました。
・ 年間計画では,教科書会社の違いから単元の順番も変わっていることが分かった。しかしながら,既習事項の活用,単元どうしのつながりを大事に実験・観察を深めていくことを強く意識しなければならないと感じた。
・ たいへん勉強になりました。
・ 年間計画では,単元ごとだけではなく,他の単元にもつながることを考えながら教えていく計画を立てていくことが大切なのだと分かった。
・ 年間計画など,詳しい説明があり楽しかったです。
・ 東京の春の研究集会はレベルが高く,毎回参加するたびに新しい学びを感じています。今回は,関ブロ大会の共催で分科会のレポートも充実していて,参加も多く,活気を感じました。
・ 年間計画を他の教科や単元との関連で行う内容はたいへん参考になりました。植物が生きていくには光が必要ということは,子どもたちの中であいまいな知識になっていることを感じていたので,今日の提案はとてもよいと思いました。
・ 6年生の年間計画では,学習と学習のつながりを考えてたてているということで,とても勉強になりました。ありがとうございました。
・ 年間の単元の流れを各単元のかかわりや他学年で学習したものとのかかわりがよくわかり,勉強になりました。年間計画は,自分の学校と教科書が違うので流れが変わりますが,単元の変更も可能であることも視野に入れ,自分としての単元構成を考える資料ともなりました。

(午後)
・ 初めてレポートする方が多く,よかったと思う。そうすると,レポーターは昨年度の学年の報告なるが,今年度の学年とは異なる分科会に参加することになる。若い方が自分が聞きたい分科会に参加できないと残念である。
・ 酸とアルカリを対置させていくときのアルカリの登場のさせ方についてアドバイスがあったのですが,それがとても面白かったです。(塩酸にマグネシウムを入れたところにアルカリを入れて中和させる変化の場面を設定するなど)
・ 実際に実験をさせていただき,説明されたことがよかったです。流れがよく分かりました。
・ 実際に実験を行うことで,子どもと同じ感覚で授業のイメージをすることができました。
・ 「ものの燃え方」「水溶液の性質」は,内容が盛り沢山なので楽しく行いたいと思っていたが,毎年教科書どおり進める他手立てがなかった。今回,様々な薬品,気体を使った方法を知ったので,今後実践していきたい。
・ 明日からの授業に役立ちます。
・ ノートの書かせ方や実験方法が勉強になった。何でも積み重ねが大事なのだと改めて実感しました。
・ 本の内容に加え,付け足しの実験も知ることができてとてもよかったです。
・ 若い先生方が,理科サークルの支援を受けて創意工夫をした授業展開をしていてすばらしいと思いました。自分の授業でもいかしていきたいと思います。
・ 水溶液,ものの燃焼と具体的な授業の流れがわかりとてもよかったです。
・ 水溶液もものの燃え方も少し難しかったけど,参考になりました。ありがとうございました。
・ ものの燃え方の実験方法は,各教科書によって進め方やその単元で押さえることの重さ軽さがずいぶん違うのだと現在自分でも教えている途中だったので驚きました。市販のテストに出題されているので教科書には載っていないのに実験を見せたという話もあり,教科書って何なのかと考えることしきりでした。

2参加理由
・ 昨年度参加していろいろ教えていただきとても助かったので。
・ 初めてもつ学年だったので,理科について勉強したいので。
・ 秋にも参加してとても参考になったので。
・ 授業作りに役立てたいと思ったので。
・ 友人がよく参加しているので。
・ 研修のため。
・ 内容が充実していて,毎年参加しているので。
・ 自分の授業がマンネリにならないように。
・ 6年の理科を勉強しようと思ったから。
・ 授業のアイディアを豊富にしたい。自分では気づかなかったことを知ることができるので。

3意見
・ 東京の集会に初めて参加する人が多いので,受付(記名所)に人手があると親切。
・ みなさん試行錯誤しながらやっているので,自分の張り合いになります。

 
●物理分科会
1)分科会について
午前
・電磁気の分野で流れを含めて授業展開を説明していただき大変参考になりました。磁化の部分で実験を通じてわかりやすい授業だと感じました。ぜひ、自分の授業でも実施していきたいです。
・小学校のレポートを聞けて参考になりました。それと同時に高校では定量的な理解も進めていくべきだと感じました。
・小・中で同じ分野のレポートがあったのでつながりがわかって勉強になりました。鉄板が開く実験や方位磁針から砂鉄で磁界の様子を見せる流れなど、とても参考になりました。
・良い授業をしたいと刺激になりました。小学校とのつながりがわかりました。
・磁石について基本的なことが学べました。
・大変参考になりました。小中高、それぞれの年齢の生徒たちにどこまで教えて定着させていくのか検討していきたいと思います。
・専門が物理ではないが、今年度新家庭で文理全員物理基礎を学ぶことになり、人が足りないということで担当しています。午前中は磁界がテーマになっていてまったく意味がわかりませんでしたが、小中での学びわけの議論に感動しました。
・小学校と中学校の同じ部分(磁界)の扱いを比較して検討できたのが良かった。
・小学生の考えるポイント、興味の持たせ方などとても参考になった。
・小・中における電磁気学の分野の授業を見ることができたのは、高校物理における電磁気学の内容を考える上でとても参考になった。
・「物理教育に足りなかったこと」と自分の授業の反省点が多数見つかりました。今から中3生の物理の授業があり、力は体感させると言うことが大変参考になりました。磁石・磁場の実験(鉄板が広がる実験が特に)参考になりました。
・高校(理科)ですが、小学校・中学校の報告が聞けて勤務高と変わらない内容だったので驚き勉強になりました。
・提案がていねいでよかったと思います。

午後
・いろんな実験の方法が知れて大変興味深かったです。自分でも科学部などの生徒と一緒に今後実験器具を作成していきたいところです。本日はありがとうございました。
・ユニークな内容の提案があり、とても参考になりました。
・新しい知識を得られて良かった。
・滝川先生お土産付でうれしかったです。
・若い方の実践報告はチャレンジングで刺激になりました。自分の授業ももう一度練り直したいと思いました。滝川さんの実験はいつもながら感心するものばかりでした。
・岩間先生の圧力のお話はとても参考になりました。滝川先生の実験は原理がよくわかり、工夫されていて、授業で是非紹介したいと思いました。
・力学的エネルギーはこれから行うところなので振り子でやろうと思いました。吹き矢の実験はなるほどと思いました。滝川先生のいろいろな身近にできる実験を紹介していただき、私にもできそうなものがあったので、やってみようと思いました。
・たくさんの新しい実験を知ることができてとても参考になった。
・様々な実験道具を紹介していただき、また、いくつかお土産としてもらえてよかった。
・実験紹介が良かった。科学部で使ってみたい。
・ありがとうございました。
・定着させようと思う内容と実験選びに様々考えさせられました。
・いろいろなお話や実験を体験できて勉強になりました。また、自分自身も楽しかったです。
・物理のおもしろさを滝川先生から教わることができました。
・滝川さんの実験が多く、アイデアをいただくことができました。

2)参加理由
・研究
・以前参加してよかったので
・学びを深めたいと思ったから
・昨年参加して興味深い研究会だったから
・勉強になることを知っているから
・いろいろな事例を聞きたかったので
・リポーターとして
・毎回参加しています
・関ブロをかねているので
・新しい知識や方法を得る、知るため
・習慣で 

●化学分科会
 
●生物分科会
1.内容について
<午前>
◆ 授業の進め方やさまざまな実験の導入など、とても勉強になりました。なかでも、実験教材をいかに身近なもので用意していくかという工夫についてのお話が参考になりました。ありがとうございました。(高校・埼玉・20代・初めて)
◆ これまでの内容が間違いとしてどんどん内容が変わっていることをしることができ、勉強のきっかけとなった。(高校・東京・30代・初めて)
◆ 自分が発表する内容と関連する発表が中学校理科でもあったので、中高とのつながりを考えるうえで勉強になりました。(高校・埼玉・20代・初めて)
<午後>
◆ 準備が足らずなかなかうまく発表ができなくてご迷惑をおかけしましたが、個人的には今後の授業に生かしていけるようなアドバイスをたくさん頂き大変勉強になりました。ありがとうございました。(高校・埼玉・20代・初めて)
◆ 生物基礎での他校の苦労を知ることができ、交流を通してより良い内容を探していきたいと感じた。(高校・東京・30代・初めて)
◆ 実際にどのような実験を授業の中で行われているのか知ることはとても貴重なことでした。ここで出たお話(理科だけでなく、社会で教えて欲しい内容など)が全体で討論できるといいと思いました。(高校・東京・20代・初めて)
◆ どのように授業をすすめるのが良いか悩んでいた代謝と生態学の分野のお話を聞けたので非常に勉強になりました。(高校・東京・30代・2回目)
◆ 具体的な指導例が出されたので、自分の場合と比べながらやはり同じような点で戸惑いを持っていいらっしゃることがわかり、参考になった。(高校・東京・60代以上・初めて)
◆ 授業の時数と進度について、速すぎると生徒の理解が追い付かず、遅すぎると間に合わなくなるので難しいと感じています。教科書の比較やいかにして生徒の興味をひくかなど、勉強になりました。(高校・埼玉・20代・初めて)
◆ 若い方々がたくさん参加されている分科会で発表で来てよかったです。今後も生物サークルにも参加してくれるとよいと思いました。(高校・40代・3回以上)
◆ 初めて参加させていただいて、現に教えていらっしゃる先生たちの話を聞いて、とても刺激を受けました。これからの役にとてもたつような話を聞けて夢に向かって頑張っていこうと思います。ありがとうございました。(学生・20代・初めて)
◆ バイオーム・生態系などの分野の授業の進め方などを学ぶことができて良かった。(養護学校・埼玉・20代・初めて)

2.参加の動機
◆ 今年から教壇に立つようになり、授業方法について勉強したいと思ったから。(高校・埼玉・20代・初めて)
◆ 理科教育論の先生に紹介されて興味を持ったため参加しました。(学生・20代・初めて)
◆ 授業の参考にしたい。(養護学校・20代・初めて)
◆ 今後のために。(高校・20代・初めて)
◆ 知りたかった分野に関する分科会があったため。(高校・30代・2回目)
◆ 生物の高校の内容に関心があったため。(高校・60代以上・初めて)

●地学分科会
・30代 初 東京
午後 具体的な実習のやり方、科学リテラシーの向上という議論が参考になった。
参加理由:教育方法ほ知るため。
・50代 2回 中高 栃木
午後 午後のみの参加だったので、少し欲求不満でした。夏の大会を楽しみにしています。参加理由:日常の授業の参考にしたい。

●障害児・者と自然科学教育分科会
<午前>
・一つの単元について詳しく聞けたのがよかったが、年間を通して学習がつながっていることが改 めて分かった。
・電気と金属について教えるとき、つく、つかない、どちらか?の三つに分けると?は、より金属 についてしる機会になるという学習を進められると思った。
・磁石だ遊ぼうは目から鱗の実験が楽しくわかりやすかった。
・具体的にたくさん教材をさわることができ楽しめた。
・近藤先生の「明かりをつけよう」、黒田先生の「磁石で遊ぼう」、即実践に使える教材でした。 子どものつぶやきや思いを大切に楽しい授業の展開に改めて意欲がわいてきました。
・電気の単元の全体の流れが分かってよかった。また、磁石を使ったおもちゃを見ることができよ かった。大変参考になりました。
・電気のこと、磁石のことなど楽しく知ることができた。子どもたちとぜひやりたい。
・生の子どもの反応や先生の意図など授業全体の詳しい話を伺えてとても勉強になりました。また、 磁石は、実際に使ってみて、とても興味を持ちました。ありがとうございました。
・たくさんの具体的な実践を知ることができました。磁石や電気など理科は工夫の仕方によって、 子どもが心から楽しみながら学ぶことができると感じることができました。
・自分たちで実験したり、触れたりしながら学ぶことができました。
・何回か授業で取り上げたことのある電気や磁石の単元でも、他の先生の実践を聞くと、必ず新し い発見があるので参加してよかったと思います。黒田先生のお話が聞けてよかったです。
・実践に即した内容でとても参考になりました。磁石では、たくさんのサンプルをご用意いただき、 実感を味あうことができました。
・つたない実践で申し訳ありません。アドバイスをいただけたので、次の授業の時にやってみよう と思いました。
・「明かりをつけよう」の実践をそのまま私の学級でもさせていただきたいと思いました。子ども たちが自分で発見できる実践、子どもたちの目が輝く姿が目に浮かびます。磁石の実験は、たの しくびっくり!なことが多く、楽しみながら学習させていただきました。
・授業に取りいれたくなるような具体的な実践例や教材の提示があり、勉強になりました。また、 自分でも磁石を体験し、面白さを感じました。

<午後>
・自然、物など分野ごとに内容を聞けてよかった。今年、来年と生かせそうな気がする。
・田久保先生の生き物自然の報告、学校が、教室が、自然の世界。ルーペの使い方など、子どもた ちの生き生きとした姿が目に浮かび、楽しい学習の原点を見た気分でした。カブトムシの飼育の 仕方が勉強になりました。
・実践報告で実践している様子が聞けたり、年間指導計画を教えていただきありがとうございまし た。
・自然に働きかけることの大切さを知った。いろいろな絵本をも紹介していただけたのもよかった。・年間指導計画の中に、どのように、自然や科学を位置づけるか、とても参考になりました。本が たくさん販売されているので、実践に使える物を購入できました。ありがとうございました。
・自然や体のことについて、体験的に楽しく教える方法を具体的に教えていただきました。読み聞 かせの重要性さにも改めて気づかされ、本もたくさん紹介していただいたので、明日からの授業 に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。
・「何をしたらいいのか」「どうしたらいいのか」と迷い、逃げてきた分野でした。本日、いろい ろな先生方からお話をしていただき、実際に教材に触れさせていただき、「あーもったいないこ とをしたな・・」「子どもが楽しむチャンス、学ぶチャンス、世界を広げるチャンスをつぶして しまったな。」と反省しました。身近なところから、子どもにチャンスを増やしていけるよう、 頑張っていきたいと思います。
・生活単元学習では、理科的なことから物作りなどまで、多くのことを学習材料にしていくことが できると感じた。計画も大切ですが、柔軟に考えて、期を逃さずに学習を組み立てていきたいと 思いました。
・写真などを見ながら具体的に話を聞くことができました。楽しく理科ができるよう、これからも 勉強していきたいです。ありがとうございました。
・高等部担当ですが、レポート内容や参加者の方も小学校の特別支援学級の方が多く、小・中・高 と発達段階に応じた科学教育のねらいや方法について考えるよい機会になりました。
・伊藤先生のお話より、理科的な学習にも読み聞かせが大切であると言うことを学ばせていただき ました。いい本に自分自身もたくさん触れていきたいと思います。
 田久保先生のお話より 子どもと一緒に自然に触れ、子どもが伸びていく様子、とてもすばらし いと思いました。
・田久保先生の実践では、子どもたちと楽しく理科を学習している姿が目に浮かび、私も見習おう と思いました。伊藤先生の昨年の発表の年間計画をもとに、今年度計画をしていたので、生の先 生のお話がお聞きできてとてもうれしかったです。ありがとうございました。
・磁石が楽しかったです。授業も楽しくやりたいと思いました。45分がっちりやるのではなく、 日々の中で、自然的なこと、子どものつぶやきを大事にやっていきたいと思いました。
・田久保先生の穏やかさの中になる楽しさ、学びを知ることができて、とても参考になりました。 伊藤先生、たくさん教えてほしいことができました。また、ぜひお話を伺わせてください。
・「年間計画をみんなでつくろう」がとても勉強になりました。「物に働きかける」「ものづくり」 挑戦していきたいです。いろいろな絵本とても参考になりました。

2、参加理由
・今年度、生活単元(理科)の担当になったので。
・日頃の授業に活用するため。。
・授業研究のため。
・日々の実践に役立てたい。
・授業の参考になる教材や工夫を知りたかったので。
・毎年参加しているので。
・研究発表の参考にしたいと思って。
・授業の実践報告をするため。
・生活単元の理科的内容をどう指導したらよいか悩んでいたので。
・教材研究に生かしたい。
・生活単元学習での実践のアイデアをいただきたいと思って。
・授業に取り入れたいと思っていたので。
・現在学生ですが、担任が決まっているので。理科に苦手意識あったので。
・近藤さん、伊藤さんが発表するので。

3、分科会やチラシ、運営についての要望
・実際に使える道具や教材をその場で頂けるのがうれしい。
・いつも、ありがとうございます。お知らせを楽しみにしています。

●自然と社会分科会
1.内容について
<午前>
◆ 河川や上(下)水道に関し、緑と同じウェイトで水の必要性を感じました。立場が様々とはいえ、社会変革にも繋がりそうな取組に、大いに期待しています。多彩な実務担当者それぞれに並々ならぬ努力と工夫を感じられながらも、楽しまれているような印象も受けました。(会社員・千葉・30代・初めて)
◆ 都会の中でも自然がいっぱいあることが実感できました。自然を大切にすることが、人間も豊かになることだと思いました。各地の活動は、参考になりました。(一般社会人・60代以上・初めて)
◆ 理科と自然・市民活動をつなげていることなど、理科の範囲は広いことがわかった。しかし、学校の限られた教材と時間の中でやっていくというのは、本当に難しいのではないか。教師達がイカに研究を積んでいくかが重要。(一般・60代以上・初めて)
◆ 身近な自然への取り組みが勉強になりました。特に生き物の豊かさ、都内とは思えないぐらいで、感動的でした。さらに地誌的なアプローチなども、もっと深みが出てくるとよいかなと思いました。地元での活動もつくっていきたいと思います。(高校・埼玉・50代・3回以上)
◆ 報告に時間がとられ、討論が不十分になり残念でした。(高校・60代以上・3回以上)
◆ 3つの報告がされ、真ん中のは自分たちの(活動である白子川の:堀注)発表だった。最初のは、こまめな活動の紹介であり、自分たちの運動の参考になった。最後のは、運動論として有意義だった。(地方行政・60代・初めて)

<午後>
◆ 自然と社会の関わりを端緒とする問題や課題に対して、社会的合意形成を得るためには、政治・経済や個人の価値観・倫理観などに及ぶ広範な議論が必要になります。しかし、その前提には、科学的次元で必要とされる「共通の土俵」確立のためにも、教育の役割は大きい。(会社員・千葉・30代・初めて)
◆ (午後後半から参加)小・中・高をつないだ授業も大事であること(阿久津さんの話)を、この分科会でも実感しました。さらに、自然科学認識を身につけるには、社会科学的な認識が不可欠であること、その両方があってはじめて、いま、自分がどのような環境に生かされているのかがわかる人間に育つということ、60歳を過ぎても勉強できて、うれしくなりました。(退職しボランティア・60代以上・3回以上)
◆ 先生方の教え方の討論には学ばされました。原爆(原爆瓦:堀注)の実験には驚き。(一般社会人・60代以上・初めて)
◆ エネルギー源のことについて、よくわからなかった。一つのことを具体的につめる方がいい。阿部さんの授業は面白いかもしれないと思った。(一般・60代以上・初めて)
◆ なぜ理科(自然科学)を学ぶか、考えるよい機会になりました。(高校・埼玉・50代・3回以上)
◆ 理科教師は科学と住民をつなぐバイク役として、誰のために、何のためにを明確にして、それをふまえて、何を教えたいか明らかにしたい。(高校・60代以上・3回以上)

2.参加の動機
◆ 「突き動かされるもの」を感じて参加しようと思いました。事前申し込み不要、誰でも参加OKとのことで、ハードルの低さも感じました。(会社員・千葉・30代・初めて)
◆ 全国大会に向けて、少し頭ならしをしようと思った。(退職しボランティア・60代以上・3回以上)
◆ 理科の先生達の集まりがあることに興味があった。(一般・60代以上・初めて)
◆ レポートを頼まれた。(高校・60代以上・3回以上)
◆ 発表することを進められて。(地方行政・60代・初めて)
◆ 参加団体が発表したので。(一般・40代)

3.気づいたこと
◆ 理科教育に関して専門的でありながら、分野を幅広くカバーできている印象でした。(会社員・千葉・30代・初めて)

●教員養成分科会